常勝タイガースWEB SITE  

 
阪神タイガースNEWS&トピックス

7/24

藤川球児投手ど真ん中151キロ清原斬り
 約通り、球児が「真ん中真っすぐ」で三振を奪った。18年ぶりの雨天中止で順延されたオールスターゲーム第2戦の8回、注目の阪神藤川VSオリックス清原の対決が実現。藤川はオール150キロ超え直球勝負を挑み、最後は真ん中の151キロで空振り三振に打ち取った。藤川は「ホームランを打たれてもよかった」と振り返り、清原は「球児のボールは火の玉やった」と完敗を認めた。2人の対決は間違いなく、ファンの記憶に残る名勝負だった。

7/23

今岡 誠選手、24日にも再検査へ
右手中指のバネ指を手術してリハビリ中の阪神今岡誠内野手(31)が、早ければ週明けの24日にも再検査を受けることが明らかになった。22日、鳴尾浜でノックを受けるなどで汗を流し「近々(再検査が)あるので、結果がよければ右手を使って練習ができると思う」と話した。岡田監督は1軍復帰のメドについて8月中旬を示唆している

7/23

藤本敦士選手1打席だけでMVP!
オールスター第2戦の最優秀選手(MVP)は、8回に勝ち越し適時打を放った全セの阪神藤本が獲得した。優秀選手は、全セが阪神シーツと中日アレックス。全パは日本ハム森本と西武中島。

7/22

浜中 治選手、オールスター初出場で初ヒット
 阪神浜中が大舞台で夢心地を味わった。6回無死で迎えた球宴初打席。オリックス平野佳の速球を狙い、右前にライナーで運んだ。

7/22

金沢健人投手が結婚していた
阪神タイガースの金澤健人選手(27)が幸枝さん(28)(東京都在住の横山昭夫さん(60)の長女)と結婚いたしましたので、お知らせいたします。22日の練習後、金澤選手は「よりいっそうがんばって、優勝に貢献したいです。」とコメントしました。これからもご声援よろしくお願いいたします。

7/21

藤川球児投手「球宴、全球真っ直ぐ勝負」
「虎の無失点男」藤川は、オリックス清原らパ・リーグの4番打者との対決を心待ちにした。「パの4番全員とやれたら面白い。清原さん、松中さん、カブレラ、あと小笠原さんもですね」。すでに「3者連続三振か3者連続本塁打で!」と潔い勝負を宣言していたが、さらにオール直球で臨むプランも明かした。

7/21

前田大和選手が安打&二盗
ルーキー前田大和選手が、またも勝負強さを発揮した。フレッシュ球宴5回裏の二塁守備から出場。6回無死の初打席で日本ハム金森の初球速球を振り切り、中前に運んだ。さらに、7回には二盗も決めた。「楽しかったです。(応援団の)音楽を聴こうか迷ったけど、初球を狙って打ちました」。今年2月の1軍安芸キャンプに大抜擢されたルーキーが、大舞台でキッチリ結果を残した。「7番中堅」で先発出場した高橋も3回に左前打を放ち、アピールした。

7/21

藤川球児投手が26歳の誕生日
1980/7/21生まれ

7/20

(サンヨーオールスター戦、全セ3−1全パ、第1戦、全セ1勝、21日、神宮)男気、ド真ん中!! 阪神・藤川球児投手が26歳の誕生日に圧巻の剛球ショー。九回、西武・カブレラ、日本ハム・小笠原に対し、なんと「直球1本」を予告した上で、10球すべて150キロ超で連続空振り三振斬り。球宴史に残る真っ向勝負で、列島のファンをシビれさせた。

7/20

12球団監督会議が20日、都内で行われ、審判員の技術向上や試合のスピードアップについて、活発な意見交換がなされた。今季は判定を巡るトラブルが目立つことから、6人制復活や査定導入なども提案された。スピードアップには、否定的な意見も出た。

7/20

阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で19日、ガス漏れ事故が起きた。同球場で行われた阪神対巨人10回戦の試合終了後の午後8時37分頃、外野23号門(右翼席)外付近、外壁沿いの都市ガス管が破損し都市ガスが漏れた。観戦していた30歳女性1人が気分不良により救急車で西宮市の病院に運ばれたが、検査の結果、異常はなかった。球場側は「大きな混乱等はなかった」と説明した。

7/20

阪神星野仙一SD(59=シニア・ディレクター)が19日、大阪市の阪神電鉄本社で定例のオーナー報告を行った。宮崎恒彰新オーナー(63)との会談の中で「中日とのマッチレース、勝負は9月」とペナントレースの行方を予想。その後、前半最終戦の巨人戦が行われた甲子園にもテレビ解説のため訪れた。試合前に岡田監督らを激励し「下位チームに取りこぼすな」と連覇への提言も。言葉通りのG倒劇をしっかり見届けた。

7/19

浅井 良選手が27歳の誕生日
1979/7/19生まれ

7/19

10月にタイガースの親会社・阪神電鉄と経営統合する阪急ホールディングス(HD)の角和夫社長(57)が球界の「決定」に異議を唱えた。5日のオーナー会議で「新規参入」扱いされ、預かり保証金など30億円を課せられた件について「おかしいよね。(最終的に)払えと言われれば払いますが、おかしいことはおかしいと言わないといけない」と話した。

7/18

9月5日に甲子園球場で行われる巨人戦(7月17日雨天中止分)の入場券を8月1日から発売する。同1、2日は電話予約とインターネットにて発売、3日から店頭を含む、すべての窓口で発売する。

7/18

阪神タイガースの応援で、イニング途中の相手投手降板時に合唱される「蛍の光」が、28日のヤクルト戦(甲子園)から部分撤廃される。28日からは、阪神が優勢時に相手投手がKO降板した場合に限定。同点、劣勢時には、新たに製作されたヒッティングマーチを合唱する。

7/18

5日のオーナー会議で阪急ホールディングスとの経営統合が保有者の変更と判断され、預かり保証金など30億円を課されることになった阪神が“徹底抗戦”に出ることになった。

7/14

濱中 治 選手がオールスター戦出場決定。読売ジャイアンツの小久保選手がオールスター戦出場を辞退したことに伴い、代替選手として、濱中選手が選出されました。